ミルクタイプのクレンジング

両ワキ脱毛で失敗しない!

ワキの脱毛は非常に重要で、チラッとワキにムダ毛が生えているのを見られてしまうと、当然、異性からすると良い印象はもたれませんよね。
また、ワキをキレイに処理していないと、ノースリーブなど露出の高い服を着るのもできないなど、様々な問題があります。
最近では、両ワキ脱毛が非常に安く、脱毛サロンによっては1,000円以下で施術を受けられるところもあります。
ですが、通いやすくなった分リスクがついていることもあります。
そこで、両ワキ脱毛の施術を受ける前に注意してほしいポイントを紹介していきましょう。

 

・しつこい勧誘をしていない
格安で両ワキ脱毛の施術を受けても、結果的に高い商品を買わされてしまったり、高額のコースを契約してしまってはほとんど意味がありません。
そうならないためには、実際に施術を受ける前にしつこい勧誘が無いか、事前に調べておくことをお勧めします。
口コミサイトを参考にして、本当にしつこい勧誘が無かったのか、調べてみてください。

 

・回数や期間をチェックする
ワキは範囲が狭いため、1回の施術を受けるだけで生えてこなくなると思っている方もいますが、だいたい6回程度は通わなければなりません。
キャンペーン内容によって回数や期間が異なっているため、最後までキレイに処理してもらいたいのでしたら、6回以上通えるところを選びましょう。
中には、無期限・無制限のコースを提供している脱毛サロンもあります。

 

・予約を取りやすい
どんなに理想的な脱毛サロンに通うことができても、実際に施術を受けることができなければ意味がありません。
人気のある脱毛サロンでは、予約が取れにくいと言った問題が生じる可能性も考えられます。
予約状況はどうなっているのかについても、忘れずにチェックしておきましょう。

 

 

脱毛サロンって安すぎて不安なんだけど・・・

脱毛サロンについて調べたことがある方ならわかると思いますが、ほとんどが低料金で施術が受けられるようになっています。
特に安いのはワキ脱毛で、脱毛サロンの中には1,000円以下で施術を受けられるとこもあります。
これだけ安いとなると、もしかしたら他のコースを勧誘したり、高額な商品を購入させるつもりではないか不安に感じる方もいるでしょう。

 

ですが、最近の脱毛サロンではほとんどがしつこい勧誘をしていませんので、他のコースを契約したり、高額な商品を買わされることはありません。
では、どうして脱毛サロンはこんな低料金で施術が受けられるようになっているのでしょうか。
その理由は2つあります。

 

@敷居を低くするため
脱毛サロン=高いというイメージを払拭するため、低料金に設定して誰でも気軽に来店できるようにしています。
低料金にすることで、心理的にも経済的にも脱毛サロンに通いやすいというメリットがあります。

 

A宣伝費用が安くなっているから
これまでは、しつこい勧誘で高額商品を売ったり、高いコースを契約してもらうことで経営を回していた脱毛サロンもありました。
ですが、現在は脱毛サロン自体の質やサービスを向上させることにより、自然にお客様が集まるような環境を作っています。
そのため、宣伝にかかる費用を極力抑え、より安くで施術を受けられるようになっています。

 

安くなっている理由については、以上のことが挙げられます。
もしそれでも不安があると言うのでしたら、電話や無料カウンセリングで直接話を聞いてみることをお勧めします。

ミルクタイプのクレンジング

ミルクタイプのクレンジングは乳液のような使い心地で肌に優しく馴染みます。
・使い方
ミルククレンジングは、水で洗い流すタイプとコットンで拭き取るタイプのものがあります。
洗い流すタイプは、たっぷりの量を手にとり軽くマッサージをするように、クレンジング剤を汚れに馴染ませます。そして、人肌よりもぬるめのお湯で洗い流しましょう。このとき、洗い残しがないように注意しましょう。
コットンで拭き取る場合も、軽くマッサージをしながら、汚れとクレンジング剤を馴染ませます。そして、ティッシュでこすらずに優しく拭き取りましょう。
・メリット
ミルククレンジングの最大のメリットは、肌への負担が少ないことです。そのため優しい使い心地で保湿力にも優れています。クリームクレンジングよりも水分量が多く、軽いテクスチャーのためべた付きも感じません。クリームタイプの重い感じが苦手な人にオススメです。また保湿力に優れているため、乾燥に悩んでいる方や冬になるとカサつくという方にもよいでしょう。刺激が少ないため、肌荒れや肌トラブルに悩んでいる人にもオススメです。ミルククレンジングはどんな肌の方にも使っていただけます。
・デメリット
ミルククレンジングのデメリットはメイクが落としにくいことでしょう。濃いメイクの方はメイクを落とすのに時間がかかるでしょう。とくにウォータープルーフのマスカラを簡単に落とすのは厳しいでしょう。そのため濃いメイクをされる方には使いにくいかもしれません。また、クレンジング後をしたが、さっぱりと洗った気にならなかったりと、物足りなさを感じる方もいるでしょう。

 

更新履歴